Good Life Journal

日常生活における「疑問?」を「確信!」へ

2018-11-10から1日間の記事一覧

母親がつくったお弁当を捨て、コンビニ弁当を買う高校生「原因はすべて、それを求める消費者にある。」

現在、インターネットで検索される内容の約15パーセントがすでに健康に関するものになっており、健康食品の市場規模も日本だけで約1兆1500億円を超えていると言われていることから、健康に興味を持つ人たちがそれだけ増えてきていることが分かります。 実際…

テレビの裏側では、権力者たちが「庶民はバカだから扱いやすい」と笑っている。

小説が100万部売れれば大ベストセラーと呼ばれる一方で、テレビの場合は番組が打ち切りになる目安と言われる1桁台の視聴率でも数百万人もの人が見ていることになるのですから、テレビの影響力が桁違いに大きいことがよく分かります。 そして、そのテレビを日…

本田宗一郎「トイレを汚くしている人とは付き合わない。」

ひと昔前はトイレ掃除がきちんと行き届いているかどうかというのは、銀行が企業に融資をするかどうかの判断基準だったと言われており、それは仕事に直接的に関係しない部分にその会社の本性が出るからだと言われていますが、興味深いことに商品の質と掃除の…

密度濃く一日一日を過ごせば、人生の長さは5倍にも10倍にもなる。

小林麻央さんのブログ「KOKORO.」の最後の言葉となったのは、「皆様にも、今日、笑顔になれることがありますように。」でした。 ついつい、昨日今日明日、と毎日を一続きで考えてしまいますが、「今日」という日だけを見つめることで、思ったよりずっと明る…

ドラマのロケ地はすぐに廃れるが、アニメの聖地は毎年定期的に本物のファンがやってくる。

「火薬をつめて手作りロケットを打ち上げる祭り」というと想像するだけでワクワクしますが、埼玉県秩父市で行われているこの祭りが昨今、10万人もの人を集めるようになりました。 それは2014年に放映された深夜アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らな…

本を読む時間や子供と過ごす時間を後回しにし、文明人は「時間を虐待している」

不思議なことに、楽しいはずの予定でもカレンダーに記入された瞬間、スケジューリングされた“仕事”のように、自分を縛るものになってしまいます。 私たちは「この日にはこれをする」と決まっている期日だらけの生活をしていますが、その中では、本を読む時間…

漢字を使わなくなると高度な思考ができなくなり、相手の心情も汲み取れなくなる。

多くの途上国では現在でも高等教育は英語かフランス語で教えられていて、例えばモロッコでは中学校以上の授業は基本的にフランス語でしか勉強できません。 実は日本も一昔前まではモロッコと同じような状況で、明治時代に設立された旧帝国大学では、最初の10…

日本人が仕事で素直に本音を言い始めたら、もう日本人ではなくなってしまうだろう。

16世紀末に日本を訪れたカトリック宣教師が書いた『日本巡察記』の中に、日本人の良くない特徴の一つとして、「口で言っていることと本心とが一致せず、発言が曖昧である」という記述があったようです。 キリスト教などの一神教では自分たちが信じる神以外を…

日常生活は軍人生活ぐらいがちょうどいい「生活に少し厳しさを入れるだけで、人生は何倍も楽しくなる。」

一般的に人類の歴史は自由を手にいれる戦いだったと言っても過言ではないでしょう。 身分差別、人種差別、そして性差別などを乗り超えて信仰や表現の自由を勝ち取ってきた結果、日本を含む多くの国や地域で結婚、住む場所、そして職業などが自由に選択できる…

コロコロコミックは、平均年齢が上がらないように、新入生に、うんち・ちんちんのシャワーを浴びせます。

出版物の発行部数が坂道を転がるように減り続けている中、ドラえもんやおぼっちゃまくん、妖怪ウォッチなどを送り出してきた「コロコロコミック」はというと、ここ10年、波はありながらもその発行部数は減少傾向になく、メインターゲットの小学4~6年生男子…

ハーバード大学が日本の掃除に注目する理由「清掃員は召し使いでも透明人間でもない。」

ハーバード大学経営大学院において、昨年秋からMBAの必修科目に採用されることが決まったのはJR東日本テクノハートTESSEI(通称:テッセイ)という会社のストーリーです。 平均年齢52歳のこの会社のスタッフがメインでおこなう仕事は、新幹線車内や駅構内の…

いま成功している人は、誰にでも出来るコトを誰よりも早く始めた人。

いまの世の中は、すぐに理由や理屈を求める人が増えてしまったせいか、根拠のない根性論やヤル気は批判の対象になりやすく、頭でばかり考える人が増えてしまったため、社会には文字通り「頭でっかち」な人で溢れかえっているようです。 このような状況に対し…

常識を覆したければ、まずは型にはまり個性を徹底的に叩き潰せ。

世間ではとにかく普通であることは負けで、個性を重視して自由を尊重することがすべてのように語られており、自由な発想とは型にはまらない、世間をひっくり返すようなものというイメージがあります。 元サッカー日本代表監督で現在は四国地域リーグFC今治の…