Good Life Journal

日常生活における「疑問?」を「確信!」へ

2018-11-12から1日間の記事一覧

水木しげる「妖怪が住めない世界には人間も住めない」電気の光が半分になれば、人間の幸福度は2倍になる。

人工衛星から撮影された夜の世界地図を見ると日本が世界のどの国よりも明るいことが分かるように、ネオンサインやコンビニの強い光に照らされることで、日本から闇の空間が次々と失われており、それに伴って私たちも何か大切なものを失っているのかもしれま…

10年前はタダだった水が、なぜ今は一本150円もするのか。「20世紀が石油の戦争なら、21世紀は水の戦争である。」

体重50kgの人の場合、体から洗面器1杯分の水分が足りない状態になるだけで命にかかわるそうですが、それと同じくらいの量の水は、汗や排泄などで1日のうちに体から自然と出て行っています。 80パーセントが水でできている脳は、たった1パーセントの水分が不…

年寄りの介護は、年寄りにさせればいい。若者は介護のために仕事を捨てる必要なんてないのだ。

介護によって追い込まれた人が起こす殺人や自殺は、警察によってウラの取れていないものや未遂のものも含めれば年間1000件以上にのぼると言われています。 昨今では、「ほとんど終日介護をしている」という介護者のうち、男性の割合が3割近くを占めるように…

フランスの数学は、解答が間違っていても美しく書いてあれば、バツにはならない。人間の数だけ正解がある。

「理性はすべてを説明することができるのか?」「権利を守ることは、利益を守ることなのか?」、これらは今年、フランスで大学受験生が受ける国家統一試験の中で出されていた問題です。 この問いに向き合っても「はい」「いいえ」に続く言葉が見つからない気…

宮崎駿「東京では3.11のようなことが必ず起こります。僕は目撃者になろうと思っています。」

ある研究によると一羽の小鳥がそこにいるためには、肉食昆虫が12万匹、草食昆虫が24万匹、そして草木が195万本必要だということが分かっています。 たかが虫や葉っぱを食べて生きている小鳥ですらそれだけの自然に支えられて生きているのですから、虫や葉っ…