Good Life Journal

日常生活における「疑問?」を「確信!」へ

コラム

仕事ではないことこそ、真剣に取り組んで下さい。

皆さんは先週末は何をされていましたか?将来的にはテクノロジーの発展で週休3日になるなんてことも言われていますから、今後は休日をどう過ごすかということがどんどん大事になってくるかもしれませんね。 経営コンサルタントの池本克之さんが書かれた「年…

お辞儀も笑顔もそして、名前を覚えることも、お客さんの喜ぶことはすべて無料でできるんです。

皆さんはセールスの一番の極意は何だと思いますか?営業の方は訪問数を増やしたり、クロージングの仕方を徹底的に学ぶと仰るかもしれませんね。 確かに訪問数を増やしたり、クロージングの方法を学ぶことは大切ですが、やはり一番のセールスの極意は既存のお…

「いらっしゃいませ」ではなく、「こんにちは」と言える店舗づくりを目指しましょう。

皆さんはスタバによく行かれますか?まだ地方にはスタバがあまりないかもしれませんが、都心に住んでいる方は週2、3回はスタバに行くという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。 スタバは1980年当時、アメリカのシアトルに数店舗だけある普通のコーヒ…

戦う相手が10倍の実績を持ち、10倍の規模を持っていたとしても、必ず弱点があるということを忘れないで下さい。

皆さんは、自分より圧倒的に実力がある人や自分たちよりも規模や実績が大きい企業を前にして、どうやったら自分はこの人たちに立ち向かえるのだろうと考えたことはありませんか? ほとんどの人は、自分との実力差に圧倒されて、戦うこともなく逃げ出してしま…

人生で成功する秘訣の80パーセントは、毎日めげずに顔を出すこと。才能と努力するスキルを別々で考える。

皆さんは、才能が2倍あって人の半分しか努力しない人と、才能やスキルはそれほど大したことはないけれど、長期間しっかり努力するスキルを持っている人であれば、最終的に成功するのはどちらだと思いますか? ペンシルベニア大学のアンジェラ・ダックワース…

「常に締め切りを守る」仕事の仕方をしている人は、100人に1人もいません。

皆さんは、予算の見積もりをお客さまによく出すと思いますが、「時間の見積もり」を自分自身に提出することはどれくらいあるでしょうか?もちろん、ほとんどの方が、自分の時間は自分でしっかり管理しているから問題ないと思うかもしれませんね。 もちろん、…

すぐに効果がでないことこそ、本当の意味でやる価値があるものです。

皆さんはジョギングなどはしますでしょうか?街を歩いていて、ジョギングをしている人を見ると、つい自分も明日から始めたくなってしまいますが、実際に始めてみるとなかなか長期的に続けていくのが難しいですよね? 小説家として、もう35年近く毎日休まずラ…

どんな素晴らしいアイデアでも、ビジネスとして成立しなければ、ただの趣味で終わってしまいます。

(出典:ウレぴあ総研) 日本のロックンロールの神様と言えば、矢沢永吉さんですよね。 矢沢さんがアーティストとしての才能をお持ちなのはもちろんのことですが、矢沢さんの凄いところはアーティストとして才能を発揮されながら、経営者としても活躍されて…

子供が生まれると家族総出で近所へ引越す中国と、「自分で産んだのに自分で育てていない」と後ろ指をさされる日本。

毎年、長者番付ランキングを発表しているアメリカのフォーブス誌は、2017年3月に行われた「国際女性デー」にて一代で10億ドル(約1145億円)以上の財産を築き、自力で億万長者になった女性のランキングを発表し、トップ10のうち実に8人が中国人であることが…

5つの仕事を70点の質でこなすのではなく、1つの仕事を300点で仕上げるという意識を持って下さい。

皆さんは、5つの仕事をすべて70点のクオリティーで仕上げるのと、1つの仕事を300点のクオリティーで仕上げるのとでは、どちらの方が価値があると思いますか? もちろん、これは時と場合によるとは思いますが、世の中の仕事の価値は希少性で決まると言われま…

メモを取る人が出世する―「お客様から聞いた大切なことは20分で42パーセント忘れてしまいます。」

皆さんは普段、どれくらいの頻度でメモを取りますか? 昨今スマートフォンが普及して手軽にメモが取れるようになった代わりに、「メモを取ること」自体の重要性が低くなってきているように感じるのは私だけでしょうか。 「1億稼ぐ人の『超』メモ術」の著者で…

仕事の同僚と吹雪のテント中で2ヶ月間一緒に過ごせますか?

皆さんは登山をされたことはありますでしょうか?経営はしばしば登山に例えられたりもしますが、昨今ゴルフではなく共に登山に行くという企業の幹部の方々も多いそうです。 「エゴがチームを強くする 登山家に学ぶ究極の組織論」という本は、ゴールドマン・…

年収1000万の人も、年収300万円の人も、「時給」は同じである可能性があるんです。

皆さんは、年収1000万円の方と年収300万の方が仕事で生み出す付加価値が大して変わらないと聞いたらどう思いますか? そんなこと絶対にないと思うかもしれませんね。少なくても仕事の効率や実力というものは「年収」ではなく、「時給」で見ていかなければ本…

「ドラクエをやりたいから有給を申請する」というぐらいの気持ちで仕事に取り組んでみて下さい。

皆さんは、ビジネスで新しいことをやるために、英会話の勉強やビジネスセミナーなどへの参加は一切辞めて、ゲームが好きなら一日中ゲームを、映画好きなら一日中映画を観ていればいいと言われたら、どうしますか? もちろん、皆さんはゲームは毎日やってるし…

人生の最も重要な出来事の85パーセントは35歳までに起こります。

皆さんは、人生の最も重要な出来事の85パーセントは35歳までに起こると聞いたらどう思いますか? アメリカの心理学者メグ・ジェイ博士の調査によれば、生涯賃金の伸びの3分の2が、キャリアの最初の10年間に起こり、自身を変えたいのであれば、性格の大きな変…

あなたのこれからのビジネス・キャリアは80%が「偶然」によってつくられます。

皆さんは、ビジネスパーソンが自身のキャリアをつくるキッカケの80パーセントが「偶然」であることをご存知でしたか? スタンフォード大学のジョン・クランボルツ教授は、仕事のキャリアというものは中長期的にしっかりとゴールを設定して、そこを目指して頑…

横田増生:ユニクロ潜入一年

(出典:PRESIDENT Online)お手頃価格でハイクオリティーな「ユニクロ」の服は、どんな人の洋服タンスにも1枚はあるのではないでしょうか。そのユニクロの製品が、これほどまでに過酷な労働のうえに運営されているものだとは、驚きの内容である。 本書で挙…

「利益・売上が高い=良い企業」という単純な図式は、あと数年で寿命を迎えます。

皆さんは世の中の大きな変化が70年の周期で起こっているという事実を知ったらどうしますか? これは、歴史家のニール・ハウとウィリアム ・ハウが人類の歴史を詳しく調べたところ、発見した歴史の循環サイクルで、日本でも寛政の改革(1787年)、明治維新(1868…

職場のルールを野球型からサッカー型に変えれば、いつもより2時間は早く帰れます。

皆さんはサッカーと野球であれば、どちらのスポーツが好きでしょうか?もちろん、これは個人的な好みの話なので、答えは人それぞれだと思います。 しかしながら、企業の働き方は野球のように、勝敗が決まるまで永遠と延長戦を繰り返すようなルールではなく、…

これからは株式会社ではなく、NPOが社会の中心になっていく。

アメリカで最も人気のある就職先はどこでしょうか? 多くの方はまだ、私たちが見た事がない未来をつくるグーグルであったり、夢の世界を表現するディズニーだと思われるかもしれませんが、現在アメリカで最も人気のある就職先は年収250万円ほどの「Teach for…

無駄な努力を何百時間しても、所詮それは無駄な努力。結果を出し続けるためには時代にあった努力をしなければならない。

よく仕事で日々結果を出していくためには、毎日の仕事時間以外のところで自分自身にしっかりと投資していかなければならないと言われます。 でも、セミナーに参加したり、本を読んだりと何となく自己投資のイメージはつくものの、具体的に何をしたらよく分か…

人生の最後で最も後悔することの一つは、「あれほど必死に働かなければよかった」ということ。

米国産婦人科学会によれば、女性の子供をつくるための生殖能力は32歳まで「ゆっくりと確実に」減り続け、37歳以降では一気にがくんと下がるのだと言います。 そして、経済学者であるシルビア・アン・ヒューレットの調査によれば、キャリアウーマンの42パーセ…

恋人に困っていない人は、空振りを恐れず、片っ端から女性をデートに誘っている。

皆さんは、手元にある500円を2時間以内にできるだけ増やして下さいと言われたら、どのような行動を取りますか?ある人はすぐパチンコに行くかもしれませんし、ある人は折り紙を折って外国人に販売したりするのかもしれませんね。 スタンフォード大学で少し考…

手書きで8時間かけて丁寧に書けば、芸能人だって振り向かせられる「デジタル時代のアナログの本当の価値。」

SNSで誰でも簡単に著名人や面識のない人とやりとりが出来るこのデジタル時代に、あえてアナログ手法を取り差別化を図ったことで大きな成功へと繋がった話をご紹介します。 愛知県蒲群市にある竹島水族館は、館長がすべて手書きで魚の解説やおもしろネタを書…

街づくりに関する補助金は麻薬。「地域のために」と想う前にやることがある。

人口が今よりはるかに少ない3000万人程度と言われていた江戸時代。町のマネジメントは、その地域に住む人々によって行われていました。例えば道路を作る場合も、土を運ぶ人、水を運ぶ人、石を積む人など、住民がそれぞれの役割を分担し合って作業していたん…

うまいものを沢山食べなければいい仕事は生まれない。夕食を美味しくするために午後は水しか飲むな。

女性を中心に“自分へのご褒美”をする人が多くいるそうですね。マーケティング調査機関「M1・F1総研」の調査によれば、働く女性の70パーセントが1年に1回以上自分にご褒美をあげているという結果が出ています。 ご褒美の内容は人それぞれのようですが、一番の…

「働く意味」への答えがない?会社のビジョンに従うのではなく、ビジョンのために会社を活用して下さい。

皆さんは「働く意味」についてじっくり考えたことはありますか? 今となってはもう慣れすぎてしまって実感もわかないかもしれませんが、現代は人類の長い歴史の中でも変化のスピードが桁外れに速くなっています。そうして世の中が変化するにつれて、「働く意…

10倍挑戦して、5倍失敗して、2倍成功する「もう、ルーチン作業などしている暇はありません。」

あるデータによれば、グーグル社の従業員一人当たりの年間生産性が1259万円であることに対して、日本の大手企業の従業員一人当たりの年間生産性は300万円と、生産性に約4倍の差がついてしまっています。 このような差は、組織のあり方や考え方によっても大き…

従業員が休みを取らないと会社に損益が出ます。仕事は「全力で働くか、全力で休むか」のどちらかしかない。

2015年にオックスフォード・エコノミックスがおこなった調査によれば、社員が有給休暇を利用しないことは、会社のバランスシートを224億ドルも悪化させていることが分かりました。 書店に行けば、働き方や生産性に関する本がずらりと並び、多くの人は働くこ…

将来が不安だという若者たちへ「かつて人類の歴史上で、先がはっきり見えて不安が全くない時代がありましたか?」

世の中が不安定になればなるほど、「先が見えない」「年金がもらえるか分からない」と言って多くの人たちがお金の心配をしています。 では、かつて今までの人類の歴史の中で、先がはっきり見えて、お金の心配が全くない時代などありましたでしょうか? もち…