Good Life Journal

日常生活における「疑問?」を「確信!」へ

テクノロジ

SNSを介してロック解除の権限を渡す「民泊とスマートロックは必ずセットでなければならない。」

住宅の空き部屋を旅行者に有料で貸し出す民泊が日本でも少しずつ広がりを見せていますが、大手不動産会社の東急不動産は、人口減少・少子高齢化を背景に増加傾向にある空き家を民泊向けの設計にリノベーションし、民泊事業に参入することを発表しました。 本…

日当たり次第で、部屋の価値は1坪あたり30万アップする。

賃貸マンションで部屋を選ぶ際に気になることといえば間取りや築年数などがあげられますが、日当たりについても注意しながら物件探しをする人も多くいることでしょう。 実際、1日を通して日差しの入る時間の長い南向きの部屋が一番人気と言われており、土地…

人材不足な建設業界「テクノロジーの力で『2次元の図面を見て、頭の中で3次元化するスキル』を一瞬で身につける。」

不動産業界では徐々にVRやARといったバーチャル技術が広がりを見せていますが、その場にいなくても遠方から物件を内見することができたり、家具配置のシミュレーションを行うなど着実に活用されるシーンが増えてきています。 さらに近年では、自分が今見てい…

街の隅々にまで、テクノロジーを導入すれば、街の治安格差は確実に無くなる。

日本で即日完売したマンション物件の共通点を調べてみると、都心まで電車で30分以内であることや最寄り駅まで徒歩10分以内であることなどが挙げられるほか、周辺の治安が良いことも条件に含まれる重要な要素になっていました。 治安の悪いエリアにわざわざ住…

次の数十年で、都市の車は90%減り、駐車場は半分になって、スタンドは消えてなくなる。

グーグルやテスラモーターズは積極的に自動運転の開発に力を入れており、将来的には自動運転の普及によって都市の車は最大で90パーセント近く減少、さらに次の30年で都市の駐車場は半分になって、今は当たり前に存在するガソリンスタンドも消えてなくなるこ…

スケジュール管理ミスで廃棄される大量の建設資材「3Dで管理することでボルト一本の発注ミスも起こらない。」

世界の建設市場規模は2015年時点で約453兆円とも言われていますが、イギリスのグリーン・ビルディング協会によれば調達スケジュールや管理ミスなどで建設資材の15%が無駄となり最終的に廃棄されているそうです。 また、アメリカ建築家協会でもアメリカ全土…

街の住みやすさは、誰にも使われていないベンチを別の場所に移動するという小さなことから始まる。

スマートシティとはIoT技術を用いながら利便性向上を目指した新しい都市のことを指しますが、日本でも大手不動産会社の三井不動産が災害発生時に施設の被災状況や住民の避難状況をIoTを活用しながら迅速に把握、避難誘導や帰宅困難者受け入れの支援にも役立…

建物は設計や建設費よりも維持管理費の方が圧倒的に多い「3Dを使って管理することで、コストは劇的に低くなる。」

建物の維持管理費は、実は設計や建設費よりもかかると言われています。 というのも、建物の維持管理業務は設計図や竣工図を見ながら行うのですが、これらの資料には設備の詳細までは記載されていませんから、設計図と竣工図のほかに設備の一覧表も付き合わせ…

3Dの技術を使って住居の空気や風の流れを設計することで、生活の質は何倍にもよくなる。

顧客がイメージする理想の住まいを忠実に再現することは難しく、実際、間取りに関して後悔する人も多くいるそうです。部屋の方角や窓/扉の設置場所によっては風通しが悪くなるため、湿気がこもって洗濯物が乾きにくかったり、湿度の高い夏場には室内が蒸し暑…

設計図の5次元化で建築技術は今の10倍まで急上昇する。

アメリカロサンゼルスの地下鉄工事やカナダの次世代型路面電車の建設工事といった巨大プロジェクトでは、BIMという最新の設計手法が用いられていて、イギリスやフィンランド、シンガポールでも公共事業でのBIMの活用が義務化されるなど、様々な場面でこのBIM…

プレハブ工法なら3週間でホテルが建つ。

建築業界最大手である大和ハウスは、2015年6月にマレーシア最大手デベロッパーのSunway Berhad社と共同でプレハブ工法による戸建住宅の開発・販売に取り組むための業務提携を行い、戸建住宅の開発・販売を行うための合弁会社を設立しました。 プレハブの家と…

8年かけて取得した4,000万件の過去データが、次の数年の不動産価値を予測する。

不動産投資では物件を選定する際に「この物件は投資するに値する物件だろうか」という目利きが必要で、実際に物件を見ることも意思決定の材料になりますから多大なる時間と労力が欠かせません。 そのような時間や労力を費やさずに信頼性の高い不動産分析デー…

もう10年もすれば、不動産手続きに印鑑も書類も必要なくなる。

ビックカメラや銀座の回転寿司店「銀座沼津港」などがビットコインによる決済に対応するなど、お金のあり方を変えてしまうのではないかという可能性から大きな注目を集めている仮想通貨ですが、この仮想通貨が成り立つ上で重要な役割を果たしているのは「ブ…

住居に最新のテクノロジーをどんどん導入していけば、不動産の価値は必ず上がる。

最近では、スマートフォンと自宅にある電子機器がセンサーやソフトウェアでつながり、スマホ一つで自宅のセキュリティ状況を確認したり、電気や様々な電子機器のスイッチを入れたりすることができるようになりつつあります。 現在、世の中に物理的に存在する…

地球を守りたいなら木を切れ「木造建築は過去の産物ではなく、未来の姿。」

住友林業が2041年を目標に、高さ350mの木造高層ビルを、東京に建てる計画を発表しました。近い将来、木のぬくもりを感じることができる高層ビルによって、テクノロジーと自然が調和し、人間が破壊してきた地球環境を、もとある姿に近づけることができるかも…

建築にVRを導入すれば想像と現実のギャップを埋めてくれるだけではなく、家づくりがエンターテインメントになる。

建築業界は最先端のテクノロジー導入が早い業界ではありません。しかし、VR(バーチャルリアリティ)を建築のプロセスに導入することによって、紙上のデザインと実際に建物が完成した時のギャップを大きく埋めることができることから、昨今新しいテクノロジー…

「古き良き」を愛する。46年経過しても根強い人気の「中銀カプセルタワービル」を知っていますか。

建築家の黒川紀章さんが設計したことで有名な銀座の中銀カプセルタワービルをご存知ですか? 1部屋1部屋がカプセル型をしているのが特徴的なこのビルは竣工から46年も経過していますが、最近ミュージックビデオ等の撮影に使用されたこともあり再び注目を集め…

地下のデータを3次元化すると建設の遅れと予算オーバーを撲滅できる。

カンボジアの首都プノンペンでは2014年に町全体の地質情報や地盤情報を3次元化するプロジェクトが行われ、2017年には日本でも「i-Construction」という建設事業のハイテク化を目指した国土交通省の政策の一環で、東京都の3次元地盤モデルが作成されました。 …

ドローンを使えば、物件が売れる速度が68%も上がる。

ドローンは様々な業界で商業的に活用され始め、2017年のセールスは対前年比300%にあたる250万台にまで増えています。その中でも不動産業界での市場は他の業界に比べて大きく、2020年までに商業利用目的で使われるドローンの内約22%が不動産に関するものにな…

世界初の自家発電を行うホテル「最先端の暮らし方は世界の最北端から生まれる。」

ノルウェーの北部に位置するスヴァルティセン氷河の麓に、世界初の自家発電を行うことができる「Svart Hotel」の建設が進んでいます。このホテルが位置する場所は北極圏の中にあり、自家発電を行うことができるホテルであるゆえに、世界で最北端にある発電施…

鋼鉄の10倍の強度を持つ建築素材が開発されました。「高強度素材が家の寿命を延ばします。」

過去数十年にわたり、品質や安全性、コスト削減や建設のスピードアップのために多くの新しい建築資材が開発されてきた結果、最近では建築や建設のあり方を大き変えてしまうのではないかと注目を集める革新的な素材が登場してきているようです。 総工費の半分…

世界で初めてソファーがインターネットにつながりました「ソファーの形はスホマで自由に変えられる。」

パソコンやスマートフォンだけでなく世の中に存在するありとあらゆるものをインターネットに繋ごうというIoT(Internet of Things)の活用が大きな注目を集めており、最近では実際に私たちの生活を変えるIoT家具が登場し始めています。 IoTについてソフトバン…

「天井の高さが2400ミリメートルと2500ミリメートルとでは、まるで別世界。」VRで確実によくなる住まい探し。

工事完了前の未完成物件を購入する「青田買い」は、契約時期によっては希望に応じた間取り変更ができるなどのメリットがある一方で、購入するかどうかの判断材料は業者が提示するパンフレットや完成予想図のみしかないというデメリットもあります。 そんなデ…

物件価値を上げたければ、最新のテクノロジーを導入して、ホームセキュリティを完璧にせよ。

不動産価格が高騰し始めた1990年頃の日本ではマンションにも新しい付加価値が求められるようになり、それまでは高級マンションでしか見かけることのなかったオートロックが一般的なマンションにも取り付けられるようになりました。 その後も音声のみだったイ…

家作りはロボットに全部任せればたった2日で終わります。

どの業界でも単純な作業はどんどんロボットやAIに行わせようという流れにある中、スイスの連邦工科大学チューリヒ校の研究チームによってロボットによる住宅の建設プロジェクトが行われているなど、家を建てるロボットが大きな注目を集めています。 これまで…

自動運転が普及すれば、家庭から冷蔵庫が消える。

自動車の運転サポートとして注目されている、自動運転は、私達の移動手段を変化させるだけでなく、消費生活にも大きな影響を与えるかもしれません。 2018年1月にラスベガスで開催された、最新技術や製品を発表する見本市であるCES (The International Consum…

ついに水上に浮かぶ家ができました。「今人類は本格的に水の上で暮らし始めています」

映画「めぐり逢えたら」の中でトム・ハンクスが演じたサムの親子がシアトルのユニオン湖に浮かべたボートハウスで生活していたように、水上に浮かぶ家での生活に憧れを抱いている人は少なくないのではないでしょうか。 日本でも古くから船屋などのように水上…

2025年までに建設技能労働者の4割が離職「テクノロジーをつなげ、生産性を上げなければ、日本の建築に未来はない。」

不動産の分譲業とは「建物の建設を行い、それを分譲して収益を得る事業」のことをいいます。用地の取得から物件の開発、販売から引渡しまでの一連の流れは、一般的にマンションの場合で1~3年かかると言われています。 この1〜3年の間に地価が下落すれば土地…

2030年には、ビルは建てるものではなくて、3Dで「プリント」するものになる。

次の5年〜10年で3Dプリンターの技術は大きく発展し、2030年のドバイでは25%のビルが3Dプリンターで建てられると言われています。そこではむしろ、建物を「建てる」というよりは「プリント」すると言った方が表現としては正しいのかもしれません。 3Dプリンタ…

新しい商業店舗を出す時に、もはや勘と経験は全く当てにならない。

投資家から集めた資金を不動産で運用し、賃貸収入や売却益などを資金源として投資家に配当を分配する金融商品「不動産投資信託(REIT)」が日本に登場したのは2001年のことでした。 当初は2銘柄のみだったものが現在では60銘柄近くにまで増えるなど順調に成…