Good Life Journal

日常生活における「疑問?」を「確信!」へ

テクノロジ

家のサイズを小さくすると世の中が豊かになる可能性が大きくなります。

欧米では”Tiny House Movement”と呼ばれる運動が巻き起こり、30平米程度の家であれば400万円前後で建てられるというのが主流になってきています。このようなミニマルハウスは、21世紀の都市化に伴う人口の増加や地価の高騰といったあらゆる問題を解決する”鍵…

最新のテクノロジーを使えば、家を建てる前から室内の「体感温度」まで設定できる。

「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」とは電気・ガス使用量をリアルタイムで確認したり、空調機やテレビなど家電機器を自動で制御したりするなど、家庭で使うエネルギーを節約することができる管理システムです。 外出先からでもエアコン…

2030年には仮想世界の中で、家を買ったり、住む場所を決めたりするのが当たり前になるだろう。

ゴールドマンサックスの調査によれば、VR(バーチャルリアリティ)、AR(拡張現実)のテクノロジーは徐々にビジネスの市場に浸透し始め、2025年には、不動産市場だけでも2600億円のマーケットになるだろうというレポートを出しています。 現在、まだ家の中ををす…

ビルの設備管理は人間が行うより、人工知能が行った方が絶対に安全で確実である。

多くのオフィスビルや商業施設では、環境対策を目的として暖房/冷房や換気などの自動調節システムが取り入れられています。このような、テクノロジーを使った不動産管理の市場規模は今後さらに拡大していくと言われています。 なぜなら今後、空調や照明の自…

再配達に費やされる時間は一日あたり約50万時間。この問題を不動産が解決するには。

いまや私たちの生活になくてはならないネット通販。2006年には約29.4億個だった宅配便取扱個数は、2016年の時点で約40.2億個と急激な勢いで増加しています。加えて、宅配便全体の約2割を占めると言われる再配達の件数も、年間8億個近くまで増えているそうで…

ドローンを最大限に活用すれば、建築測量のコストは80〜90パーセント確実に削減できる。

建設業や建築業に関わりがない方でも、道端で三脚カメラのようなものと縞模様の棒を使いながら測量を行っている現場に遭遇したことがあるという方は多いのではないでしょうか。近い将来、そのような光景を目にすることはなくなるかもしれません。 2013年に米…

手作り料理も全自動化!?次世代のスマートキッチンとは!?

空調・照明の自動調節やセキュリティの面で住まいに関するスマート化が進む中、これまで「進化が止まっている」と言われていたキッチンの領域にも少しずつイノベーションが起きています。まだ幅広く普及はしていないものの、「スマートキッチン」と呼ばれる…

UBERが普及すれば、もう「駅からの距離」は物件の価値とは関係なくなるだろう。

東京では公共交通機関が発達していることもあり、駅やバス停が近くにある駅近物件が人気です。徒歩1〜6分以内に立地している物件であれば不動産価格にも大きな差はありませんが、徒歩7分以上離れたエリアになると物件価格は途端に下落すると言われています。…

IoTでキッチンにあるものすべてがつながる「未来のキッチンはテーブルが料理の仕方を教えてくれて、冷蔵庫は必要なくなる。」

「Everybody eats everyday」と言われるように、食や料理というのはすべての人が絶対に関わりを持つもので、その市場規模は全世界で700兆円を越えると言われていることからも大きな可能性を秘めている領域であることが分かります。 しかし、「あなたは料理を…

IoTの最先端はトイレ「毎日トイレに行くだけで86%の生活習慣病を発見できます。」

家具や家電をはじめとした色々なものをインターネットに繋げようというIoT化が進んでいる今日、最もIoT化が進んでいる製品の1つはトイレであると言われています。 トイレが混んでいて使えないという状況を防ぐためにトイレのドアにセンサーを取り付けて空き…

テーブルとスピーカーをIoTでひとつに。「家具にIoTを導入すると部屋の中に余白が生まれる」

「モノのインターネット化」と呼ばれるIoTが世間を賑わせるようになったのはここ数年のことで、IoTを取り入れた製品は静かにそして確実に私たちの身近な存在となっています。 毎年10%以上の勢いで増加し続けているIoTデバイスの数は、2020年には300億個を超…