Good Life Journal

日常生活における「疑問?」を「確信!」へ

数値化しなければならないのは、売上や訪問数ではなく、そこにたどり着くための「プロセス」です。

f:id:goodlifejournal:20181212180523j:plain

皆さんは、数字に強い方ですか?店舗の売上目標、営業の売上目標、そして会社全体の売上目標から株価まで、様々なものが数字で管理されていますが、皆さんは目標を数字で管理することに関してどう思いますか?

「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2015年2月号)の中に、星野リゾートの星野佳路さんが書かれた興味深い論文がありましたので、ご紹介させて下さい。

普通、皆さんは数字の目標を立てるというと、売上やアポ数、もしくは顧客訪問数など「結果」を出すことをすぐ考えてしまいますよね。それはそれで大事なことですが、星野さんは論文の中で、数値で管理すべきなのは結果よりも、そこにたどり着く「プロセス」なのだと仰っています。

星野リゾートでは、多くの企業が目標にしがちな売上、利益、そして件数などの数値目標は一切持たず、従業員が、その日いつどこで何をやっていたかを具体的に入力してもらい、仕事のスキルの上達を数値化していきます。

仕事のスキルの上達がしっかりと数字として現れてくれば、売上や件数が伸びていなくても気にする必要はありません。なぜなら、仕事のスキルさえ上がっていれば、売上や件数というのは少し遅れて必ずついてくるものですからね。

逆に仕事のスキルが上がらず、売上や件数だけが上がっているのであれば、その売上や件数が長く続く可能性はあまり高くないので、危険信号とも言えるかもしれません。

また、星野さんはビジネスにスピードは必要だが、ノウハウを上げるためのプロセスにスピードは必要ないと断言します。むしろ、ノウハウアップのためのスピードを無理に上げようとすると、本来やらなくてもいいことに手を出したりして、結果的に上手くいかないことが多くなってしまうんですね。

明日からスポーツジムに行っても、急にマッチョな身体にはなれませんが、毎日しっかりやるべきことをやっていけば、1年後、2年後には確実にたくましい身体になっていきます。

無理な数字目標ばかり追いかけないで下さい。そこにたどり着くプロセスをしっかり重視すれば、少し遅れて結果は必ずついてくるものですから。

数値で管理すべきは結果よりプロセスである DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

数値で管理すべきは結果よりプロセスである DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

  • 作者: 星野佳路
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/04/27
  • メディア: Kindle版