Good Life Journal

日常生活における「疑問?」を「確信!」へ

スティーブ・ジョブズ「自分で自分を食わなければ、誰かに食われるだけ。」

f:id:goodlifejournal:20181218103601j:plain

皆さんは、iPhoneやiPad、そしてMacbookなどのアップル製品はいくつお持ちでしょうか?今は亡きスティーブ・ジョブズが生きていた頃は毎回新しいアップル製品が出る度にワクワクしたものですが、最近のアップル社の製品にはちょっと目新しさに欠けるところがありますよね。

アップルのような偉大な企業がなぜ勢いを失いつつあり、ジョブズがいなくなった後、アップルの内部でどのようなことが起きているのかを追った「沈みゆく帝国」という本をめくりながら、イノベーションについて少し考えてみましょう。

iPhoneやiPadなど人類の歴史に残るような新しいアイデアは、世の中に出した時にはもの凄いパワーを持つわけですが、最初は本当にもろくて、弱々しいものに過ぎず、ぼんやりとイメージしている程度で、すぐに消えてなくなってしまいます。イノベーターであるジョブズは社内で、それを誰よりも理解していた人でした。

しかし、ジョブズが亡くなり、現CEOであるティム・クック氏がアップルの舵を取り始めると、アイデアではなく過去のデータと分析によって製品開発を進めることにシフトし始めるんですね。未来のデータというものは存在しないわけですから、収集した過去データを中心に商品開発をしたところで、なかなか多くの人がワクワクするような製品を生み出すことはできません。

ソニーも創業者の盛田昭夫さんが亡くなると、ぼんやりした不明確なアイデアではなく、収集した過去のデータを元に商品開発を進めていってしまったと言います。以前のアップルは自分たちの稼ぎ商品であるiPod(音楽プレーヤー)の機能をiPhoneの中に組み込み、自分たちの稼ぎ市場を自らの手で潰してしまうことで、自分たちにプレッシャーをかけ、イノベーションを起こしていきました。

ジョブズは常に自身にも、社内にも危機感を持たせるという意味で、「自分で自分を食わなければ、誰かに食われるだけだからね」とよく口にしていたそうです。 IoT(モノのインターネット)やVR(バーチャルリアリティ)など、テクノロジーのイノベーションがどんどん押し寄せてきています。

どの業界もこのまま変わらないではいられないでしょうし、以前のアップルのように自らの稼ぎ市場を自分たちで破壊してしまうぐらいの気持ちでなければ新しいことなどできないのです。

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか

  • 作者: ケイン岩谷ゆかり,外村仁(解説),井口耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2014/06/18
  • メディア: 単行本